くすみは肌の潤い不足も原因

肌がくすんでいると、顔色が悪くなるだけでなく老け顔に見えます。また肌の表面に古くなった角質などが溜まっているので、ファンデーションのノリが悪くなりますし、ポイントメイクをしても理想通りにならないことも多いです。肌のくすみの原因はいろいろとありますが、乾燥肌もそのひとつです。肌の潤いが不足すると皮脂とのバランスが悪くなるので、皮脂が過剰に分泌されて乾燥しやすくなります。皮脂が過剰に分泌される原因は水分不足であることが多いので、過剰な洗顔・あぶり取り紙の使用をすると、さらに潤いが不足して肌が乾燥してくすみがひどくなるという悪循環に陥ることになります。

 

肌の潤いを維持するのなら保湿ケアです。ただ肌に汚れや老廃物が溜まった状態で化粧水などを塗布しても、肌の奥にまで浸透させることは出来ません。肌の潤いには正しい洗顔をすることが基本となります。石鹸だけで落ちるタイプであっても、クレンジングは必要です。さらにポイントメイクには、専用のクレンジングを使用すると肌を清潔に出来ます。すすぎも念入りに行うことを心がけます。せっかくクレンジングと洗顔料で汚れや老廃物をすっかりと取り除いても、すすぎが不十分だと表皮に残った石鹸カスが酸化してくすみの原因となります。

 

洗顔とすすぎが完璧なら基礎化粧品の浸透率が高くなりますが、大切なポイントがあります。化粧水はパンパンと音を立ててたたきつけても潤いのある肌には出来ません。手のひらに化粧水を取ったら、顔に押し込むように付けるのがポイントです。肌に充分水分が吸収された目安は、手のひらが頬に吸い付くようになるまでです。少し時間はかかりますが肌の保湿が十分か否かで、肌の状態が変わってきます。