くすみは原因によって種類がある

肌にくすみがあると、顔全体のトーンが暗くなるだけでなく実年齢よりも老けた印象になります。主に紫外線が原因と言われていますが、くすみの種類別に行った方が確実に改善効果が得られます。人によっては複数の種類が混在していることもありますが、最も強くあらわれている症状に合わせてケアを行うと良いでしょう。くすみ顔はファンテーションで一時的にカバーすることは出来ますが、肌のためを考えると適切なケアで根本から改善しておいた方がよいでしょう。

 

最もオーソドックスなのはメラニンによるくすみで、紫外線を浴びたことによってメラニンが大量に生成され、余剰分の排泄が滞って出来ます。スポットで顔に出来た場合にはシミと呼ばれます。ケアの方法で最も有効なのは美白化粧品です。表皮に溜まって角質化したメラニンを取り除くには、美白化粧品に含まれる成分が改善効果を発揮します。ビタミンC誘導体やプラセンタが一般的ですが、医薬部外品にはコウジ酸、トラネキサム酸、エラグ酸が配合された製品もあります。

 

くすみが濃い場合には、皮膚科を受診するとさらに強力な美白効果の高い薬を処方してもらえます。肌乾燥によって出来るくすみもあります。肌細胞の潤い成分が不足しているので、コラーゲン、セラミドなど保湿効果の高い成分が配合された化粧水・乳液・美容液でケアをすると効果的です。他にはクレンジグ不足による肌の汚れ、過剰な喫煙による血行不良、産毛ケアの不足などがあります。意外と知られていないのが古い化粧品による油やけがあります。化粧品には消費期限があります。開封していなくても消費期限内に使用し、直射日光の当たらない冷暗所に保存することが必要です。古い化粧品を使用すると、配合されいる成分が変質している可能性がありくすみの原因となります。