くすみのない明るい印象にするには肌の保湿力

あかぬけている人というのは都会的な人という意味ではなく、透明感がある明るい肌を持った人を言います。肌に老廃物が蓄積すると、本来の肌の色よりくすんだ色となります。あかぬけていない人というのは、肌にくすみがある人を指し、実年齢より老けて見えたり疲れてやつれた印象となりやすいです。本人の性格とは別の印象となって損をすることも多いので、スキンケアや生活環境などの見直しして、すくみのないあかぬけた肌を取り戻すとよいでしょう。

 

生まれたての赤ちゃんの肌はキメが細かく張りのある肌をしています。透明感がありシミはありません。赤ちゃん肌をずっと維持し続けることは不可能に近いですが、適切なケアを行うことでシミやくすみは防ぐことは可能です。くすみのない肌を作るには、肌の保湿力が不可欠です。保湿力にはコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどが十分に整っていることが必要です。もともとは体内に備わっている成分ですが、加齢や紫外線など環境の変化によって生成力が低下し、本来持っている保湿力が低下してくすみの原因となります。また肌細胞が十分に潤っている状態だとターンオーバーも正常に行われるため、表皮や毛穴に古くなった角質が溜まりにくくなり、くすみも出来にくくなります。

 

たとえばファンデーションの力を借りて肌の色を白く見せたとしても、健康的な印象を作ることは出来ません。くすみのない肌は美白ケアをすることではなく、肌細胞を健康に維持することが大切です。肌細胞の保湿成分が不足すると保湿力が低下します。主な原因は加齢ですが、日焼け、睡眠不足、ストレスもかかわっています。不足する成分は食事やサプリメントで補うことが出来のて、くすみが出来る前に積極的に取り入れるとよいでしょう。