喫煙はくすみ顔の大敵

受動喫煙による健康被害が問題になっていますが、喫煙者は健康だけでなく肌にも悪影響があります。肌のくすみは紫外線だけではありません。習慣的な喫煙は美肌の大敵です。タバコに含まれる有害成分とし最も多いのはニコチンです。ニコチンは、血液中にあるヘモグロビンに悪影響を与えて血行不良を誘因します。顔の毛細血管の血行も悪くなるため、新陳代謝が滞ってくすみ顔になります。またタールが体内に大量に蓄積すると活性酸素を増やしてしまい、肌や内臓の老化を加速させます。また顔の表皮に沈着することによってくすみ顔を助長することもあります。

 

すでにくすみ顔に悩まされている喫煙者も、気が付いた時に禁煙を決断すれば美肌を取り戻すことは可能です。禁煙をしてニコチンの摂取がなくなれば血行が改善されます。くすみに関しては顔の血行が促進されることで、老廃物の排泄がスムーズになるので肌の色を改善出来ます。活性酸素が過剰になると、コラーゲンの消費が増えます。肌の保湿成分として不可欠ですが、内臓や関節などに優先して消費されるので、肌細胞で使用する分が不足しますが、禁煙をすれば体内で生成した分で賄えるようになります。

 

抗酸化作用をもつビタミンC・ポリフェノール、保湿成分のコラーゲンは、食品やサプリメントも併用して補給すると、くすみ顔の改善効果がアップします。喫煙による肌への悪影響は禁煙によって改善出来ますが、習慣性が高く、消費本数も多いほど改善までに時間がかかると考えられます。肌はターンオーバーによって、肌の状態をベストの状態に維持しているので、禁煙しても短期間で美肌には戻せませんが、ターンオーバーが正常に行われるようになれば次第にくすみなどの肌トラブルは改善出来ます。